Archive for Nicoryのワン★ポイントアドバイス

LINEで送る

こんにちは!Nicoryです☘️

 

あっという間に10月も終わり11月になり、朝晩と日中の気温差で、とても寒く感じる季節になりました。

ワンちゃんにとっても、この時期の気温の変化で、体調を崩す子が多いと思います😥

外出時は、ワンちゃんが風邪をひかないように暖房(エアコン)で、室内温度を一定に保って、湿度が高くならないように調整してあげてください🔆

ワンちゃんにとって快適な室温は、22度から23度くらいです。

これ以上になると舌を出して自分で温度調整するようなしぐさを見せると思いますので、その際は室温を少し下げてあげるといいと思います🙂

また湿度については、40%~60%が最適といわれています。乾燥しすぎると皮膚トラブルの原因になり、湿度が高すぎるとカビや細菌の繁殖しやすくなるので、ワンちゃんにとっては、室温よりも加湿器などでの湿度の調整が重要になります。

これから寒い日が続くと思いますが、ワンちゃんが体調を崩さず快適に過ごせるよう、参考にしてみてください☺️

 

それでは、10月に来店してくれたトイ・プードルちゃん達のご紹介です!

 

🌟トイ・プードルのブラウン セルくん🐶

だいぶ被毛が伸びてきたセルくん!ふんわりアフロヘア―もバッチリきまっています😃

img_5370 img_5376

 

🌟トイ・プードルのレッド ココちゃん🐶

まんまるテディベアカットのココちゃん!とっても気持ちよさそうに入浴していました😀

img_5392 img_5400

 

🌟トイ・プードルのアプリコット ミルキーちゃん🐶

小ぶりでかわいいミルキーちゃん!お耳はふんわりガーリー風〜😉💕

img_5427 img_5437

 

🌟トイプードルのレッド ココちゃん🐶

笑顔がかわいいココちゃん!すっきりお手入れ楽ちんスタイルでごきげん〜😆

img_5602 img_5608

 

🌟トイ・プードルのレッド こむぎちゃんともんたくん🐶

いつも元気いっぱいの、こむぎちゃんともんたくん!

これから寒くなるので、いつもより長めに被毛を残しつつ、お手入れしやすいすっきりスタイル😀

img_5702 img_5712

img_5707 img_5723

 

いつも定期ご利用ありがとうございます。

また次回の事前予約ありがとうございます😊

次回ご来店も楽しみにお待ちしております💕

LINEで送る

こんにちは、Nicoryです🐶

 

最近、初めてのご予約の際に、1年以内の混合ワクチン接種をしていないというお客様が数件あり、苦渋の思いで、お断りせざるをえない事が続きました😥

お客様によっては、狂犬病ワクチンと混同している方もいらっしゃいました。

当店は、ホテルも併用しており、複数のワンちゃんが利用する施設になります。

チラシ等にも掲載しておりますが、万が一にもお互いの感染を防ぐため、初回に必ず1年以内の混合ワクチンの接種および接種証明の確認をさせていただいております🙂

※狂犬病ワクチン接種および、ノミまたはダニの予防も同様に確認させていただいております。

1年以内の混合ワクチン接種証明の確認ができない場合は、残念ですが、ご予約をお断りさせていただいております。あらかじめご了承ください。

※混合ワクチン接種の3日後からトリミングの予約をお受付しております。

接種されていない場合は、接種後にご予約いただければ幸いです😌

 

以下、混合ワクチンの必要性について少しご説明させていただきますので、よろしければ参考にしてください🙂

 

🌟混合ワクチン接種がなぜ必要なのか、狂犬病ワクチンとの違いを簡単にご説明させていただきます。

まずワンちゃんが家族になったら、必ず役所に届け出が義務づけられています。

それは「動物の愛護及び管理に関する法律」で年1回の狂犬病ワクチンの接種が飼い主に義務づけられており、その通知を行うためです。

狂犬病について詳しくはこちら🔆→http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/07.html

 

混合ワクチンは、狂犬病とは異なり、動物同志(種類によっては人と)の感染症を防ぐために、飼い主の方の任意で行う予防接種です。簡単にいうと人のインフルエンザ予防と一緒です🙂

主な感染症は以下の通りです。

1.犬ジステンバー    2.犬パルボウィルス 3.犬アデノウィルス2型

4.犬パラインフルエンザ 5.犬コロナウィルス 6.犬レプトラスピラ(人獣共通感染)など

これらの感染経路は以下の通りです。

1.尿がかかった水や土壌との接触 2.尿との直接接触 3.経皮的あるいは経口的感染

4.血液、髄液、組織も感染源になりうる

これらの感染が原因で、急性の場合は進行が速く死亡することも多く、今でも全国で30件~50件届出があるような状況で、特に田舎や自然が多い地域では注意が必要です🔆

混合ワクチンの種類は3種~9種など複数存在しますが、数値が小さいほど予防できる感染が少なくなります。地域によって必要性が異なるので、獣医さんとよく相談して接種することをおすすめいたします。

かわいいワンちゃんのためにも、ぜひワクチン接種をご検討いただき、Nicoryにこれからもたくさんのワンちゃんが来てくれることを願っております〜😊💓

 

LINEで送る

こんにちは、Nicoryです☘

 

本日は、いつも当店ご利用されているオーナー様方にお伝えしている、毛玉を作らないボディーケアのタイミングについての、ワン★ポイントアドバイスです😉

室内犬を飼われている方が多いとは思いますが、鹿児島は自然が多く、気温が比較的暖かいため菌が繁殖しやすく、また鹿児島ならではの桜島の灰や、部屋の中でも比較的床に近いところにいることもあり、室内犬でもワンちゃんの被毛が汚れやすくなっています😥

そんな生活環境下で、ワンちゃんのボディーケアは毎日のブラッシングと、2週間に一度、お家でお風呂に入れてあげられると理想的ですが、オーナー様もなかなか手が回らないのが現状だと思います!

そこで、Nicoryでは、根毛からしっかり汚れを落とし、臭いの原因をもとから除去する酵素入浴をおすすめしております☺️

酵素入浴を利用したあとのトリミングの周期は以下の通りです🔆

【お家でお風呂には入れない場合】

🌟1か月ごとに、シャンプーコースとカットコースを交互に行い、入浴は毎月、カットは2か月毎にご利用いただいております。

【お家でお風呂に入れられる場合】

🌟1か月半ごと、または2か月ごとに、カットコースをご利用いただいております。

【短毛種のワンちゃんの場合】

🌟1か月ごとに、シャンプーコースをご利用いただいております。

短毛種は体臭が強く、抜け毛が多いため、トリミングの周期が短くなりますが、抜け毛対策にもなります。

ぜひ、ご参考にしていただければ幸いです🙂

 

毛玉は、トリミングに追加料金が発生するとともに、毛玉処理の時間も増えるため、ワンちゃんのストレスがかかってしまいます。

また、臭いの原因と菌の繁殖を増加させ、何も良いことはありません!

ワンちゃんもオーナー様も、日々気持ちよく一緒に過ごせるように、定期的なトリミングをおすすめいたしております😌

ワンちゃんの犬種によっても、ケアの仕方や周期が違いますので、何かあれば店舗にていつでもご相談ください〜😉

LINEで送る

こんにちは!Nicoryです🐶

 

今日は海の日ですね〜🏝

九州もようやく梅雨明けし、いよいよ本格的な夏のシーズン突入ですね☀️

当店の看板犬のチロルは、昨日7月17日に、7歳の誕生日を迎えました〜🎂

食いしん坊なチロルをこれからもよろしくお願いします♪😆

IMG_4329

さて今回は、真夏のワンちゃんのケアにまつわるお話です。

 

本格的な夏になり、ワンちゃんをサマーカットにされるオーナー様が多くなりました!

ワンちゃんのために、被毛をかなり短くされる方も多いですが、必ずしも短いことが、ワンちゃんにとって良いとは限りません😥

特に長毛種のワンちゃんは、直射日光や紫外線から肌を守るために被毛が長く伸びています。

短くすることで、直射日光や紫外線を直接肌に受けることになり、皮膚を痛めたり、皮膚アレルギーになる可能性があるので、気をつけてあげてください🔆

また、室内犬で、常に室内にいる場合は問題ありませんが、お散歩や長時間の外出の際は、冷汗素材の洋服や冷汗対策グッズ等で、背中を直射日光や紫外線から保護してあげてください。

特にお散歩は日中は避け、朝方や夕方など涼しくなってからにしましょう😌

外は暑いため、室内で過ごすワンちゃんも多いとは思いますが、サマーカットで短くしたワンちゃんの体は冷えやすく、室内が冷えすぎるとワンちゃんが体調を崩したりする原因になります。

室内温度は25度~27度を保つように心がけましょう🔆

ワンちゃんは、呼吸とお腹を冷やすことで体温を調整しますので、ワンちゃんの意思で体の温度調整ができるよう、家の中でも日陰のフローリングやタイルなど、ほどよい冷たさの場所を作ってあげてください☺️

これからも、みなさまのお役にたつ情報を、定期的にブログで更新していきますので、よろしければご覧ください〜😃